【脇の脱毛】すぐ生えるワキ毛自己処理、自宅でできる効果の高い方法は?

ワキの脱毛…本当に面倒で仕方ない。自宅で脱毛処理しているのもののすぐに生えてくるし、処理後のお肌の状態も悩みの種…。んな方のために自宅でできる効果の期待できる方法を見つけるため、脱毛クリーム、剃刀、家庭用脱毛器など、それぞれのメリット・デメリットを検証してみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 201901231418219360-400x400.jpg
目次

脇の脱毛自己処理どんな方法がある?

ワキ脱毛を自宅で自分で行う方法には、(除毛クリーム、カミソリ、家庭用脱毛器など)幾種類かの方法がありますがそれぞれの特徴、メリット、デメリット、効果があります。

今回はワキ毛をセルフ処理する方法を紹介し詳しく解説していきたいと思います。

自分でできる自己処理の方法を大きく二つに分けると、脱毛と除毛の二種類に分けられます。まずは、その2種類(脱毛・除毛)についてお伝えします。

脱毛と除毛の違いとは?

一言で簡単に脱毛と除毛の違いを説明すると…、

除毛というのは「皮膚の表面に出ている毛の処理をして除くこと」。

脱毛とは「毛穴の中の毛根まで毛を除去すること」。

さらに、除毛では毛根が残りムダ毛が繰り返し生えてきますが、脱毛では毛根からムダ毛をなくすという違いもあります。

 脱毛というのは、漢字で表される通り『ムダ毛を抜く』という処理方法だと勘違いされている場合も多いようですが、違いは毛根から処理をするのかそうではないかという点だということですね。

ワキ毛の自己処理方法の種類

  • 家庭用脱毛処理器
  • カミソリや電気シェーバー
  • 除毛クリーム
  • ワックス脱毛や毛抜き

上記の自己処理方法の種類の中では、一番上の家庭用脱毛処理器のみが脱毛に分類され、そのほかは全て除毛という扱いになります。

除毛でのムダ毛処理をした場合は、毛根が残っているため処理後も繰り返しムダ毛がまた再生して生えてくるということですね。

剃刀(かみそり)・電気シェイバーでのワキ毛の自己処理

ワキ毛の自己処理の中でもカミソリや電気シェーバーを使用するのはポピュラーな方法です。

カミソリや電気シェーバーは数百円から数千円程度と手頃な値段で手に入るため、気軽にワキ毛を処理することができます。

その反面、シェービングは肌表面に出ている毛のみを除去するため、すぐにまたワキ毛が生えてきてしまい、処理の頻度が増えるというデメリットがあります。

頻繁にシェービングを行うことは肌への負担となり、ワキの黒ずみの原因となる場合があります。

また目視しづらいワキ毛をカミソリで処理すると肌を傷つける危険性も高いため、心配な人はカミソリの使用は避けるのが無難です。

除毛クリームでのワキ毛の自己処理

除毛クリームは毛を溶かす成分が含まれるクリームとなっており、ワキに塗布することで肌表面に出ているワキ毛を溶かして取り除くことができます。

除毛クリームは毛にささっと塗るだけで処理ができるお手軽な方法で、最近では肌への負担をできる限り軽減した商品が販売されています。

ただ、肌の表面に見えるムダ毛を一時的にない状態にするだけの処理方法なので、すぐに新しい毛が伸びてくることになります。

頻繁に処理をすることで肌への負担が高まるので、長期的に継続しようとおもうといくらお肌の負担は軽めとはいえ負担となることも考えられます。

ワックスや毛抜きで毛を抜く脱毛方法

ワックスや毛抜きを使用したワキ毛の処理は、毛を引っ張って抜きますが脱毛ではなく、一時的に毛を処理する除毛になります。

これらの方法は、ムダ毛を引っ張って抜く方法で、肌への負担が心配です。

毛穴へ与える刺激により炎症を起こしてしまい、毛穴が開きさらに開いた毛穴に汚れがたまると毛穴が黒いぶつぶつ状態となってしまうという問題が起こる場合があります。

肌への負担が大きい自己処理方法となり、ムダ毛処理意外にも炎症、毛穴の開きという問題の可能性があるため避けた方が無難な方法です。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を使うのもムダ毛処理のための一つの方法です。

こちらについては、他の方法と違い毛根に刺激を与えてムダ毛の再生を止める”脱毛”が可能になる唯一の方法になります。

数多く販売されている家庭用脱毛器は以下の二種類に分類されます。

●光脱毛
●レーザー脱毛

光脱毛とレーザー脱毛の主な違いは、肌に照射する光の波長の種類です。

光脱毛の場合は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射します。広い範囲に一気に光を当てられるというメリットがあります。

レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集め照射する方法です。小さな範囲に集中的に強い光を当てるという特徴があります。

光脱毛の特徴

主に脱毛サロンで使われる方法で、脱毛というより正しくは減毛と分類されます。

レーザーに比べると光が弱く肌への刺激は少なめになりますが、その分完全に脱毛を目指すためには期間がながめにかかってしまうのがデメリットとなります。

サロンに通う場合では、二、三ヶ月に一度の割合で通い部位や毛根の状態にもよりますが、完了までには大体2年ほどかかると言われています。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は医療用レーザーを使った脱毛方法なので、通常の脱毛サロンでは使用することができません。医療脱毛といわれるものがこのレーザーを使った方法となり、医療従事者でないと機械を使うことができません。

レーザーは光脱毛に比べ照射の範囲が狭く強い刺激を与えるという特徴があり、その分脱毛の効果は光脱毛よりも高いと言われています。レーザーの光の強さによっては痛みを感じるケースもありますが、正しく利用すればトラブルを避けられます。

通常は、医療機関や専門のクリニックでのみ受けることが可能な方法です。

レーザー脱毛を使った家庭用脱毛器はトリア・ビューティジャパンの家庭用脱毛器一択となります。

電気屋さんで販売されているトリア・ビューティジャパン以外のものは、全て光脱毛の脱毛器となっています(中にはレーザー脱毛と謳っているものがあるので注意が必要です。)。

▼トリアの商品おすすめ購入方法▼
トリアの脱毛器を一番お得に購入する方法まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 201901231418219360-400x400.jpg

自己処理が与える肌への負担とデメリット

よりよい新商品の開発も進み、気になるムダ毛を気軽に処理できる自宅でのセルフ処理が主流の処理方法として使われていることが多いように思いますが、自己処理が肌に与える負担とデメリットについては把握した上で、できる限りお肌への負担を軽くしていきたいものですね。

ムダ毛処理というと、やはり頻繁に行うものですね。特に春から夏にかけて半袖を着る暖かい時期はムダ毛の処理で刺激を受けた肌に汗をかくとこでお肌にはより負担となり、その結果赤くなったり痒みや痛みの症状が出ることもあります。

短期的にも長期的にもお肌の負担が軽く、よりデメリットの少ないワキ脱毛おすすめの自宅処理の方法をご紹介します。

ワキ脱毛おすすめの自宅処理の方法は?

ワキ毛はチラッと見えてしまうと恥ずかしい思いをしたことを多くの女性は経験しているかと思いますが、できることなら、いつでも綺麗に処理がされていて不安にすら感じない状態でいられるのが理想ではないでしょうか。

上記で説明した脱毛と除毛の違いでも分かるよう、除毛処理をしてもすぐにまた生えてくるというのがムダ毛の厄介なところです。

できることなら脱毛処理で毛根から処理をしてしまうことがおすすめです。

となると、自宅処理の方法で一番のおすすめはお肌への負担も少なく、家庭用脱毛器を使って毛根からきれいにさっぱりと脱毛処理をする方法になります。

永遠に続く除毛処理では、毛穴の詰まりや汚れ、また皮膚の炎症などの問題のことを考えてもやはりおすすめできません。

今回ご紹介した無駄が処理の方法としては、一番料金の高い方法ではありますが、長期的に見た場合は高価な方法ではありません。

短期間に集中して、ムダ毛を毛根から処理してしまうことができれば、金銭的、お肌のトラブルを考慮してもリーズナブルな方法としておすすめできます。

特にエチケットの面でも気になるワキに関しては、不安からの解放され心配なく堂々とおしゃれも楽しめるようになるというメリットもあり、除毛処理から脱毛処理へ早めに移行することがおすすめです。

▼損しないトリアの商品の購入方法▼
トリアの脱毛器を一番お得に購入する方法まとめ

中学生・高校生におすすめのワキの脱毛処理の方法は?

中学生、高校生の学生さんにとってもワキのムダ毛はだんだんと気になる頃になりますね。

本来ならば家庭用脱毛器で処理をしてしまうことがお肌への負担も少なく、長期的にみても安全で楽な方法となるのですが、使用可能な年齢が18歳以上と定められているものがほとんどです。

安全面を考えての年齢設定となっているのかと思いますが、万が一の時に備えても年齢制限は守られるべきだと思います。

そうなると、家庭用脱毛器が使えるようになるまでは可能な限り安全な除毛用の商品を使用してムダ毛の処理をすることがベストになります。

頻繁に使用することを考えても、敏感肌さんでも使えるお肌に優しい原料(自然素材のものがベスト!)でできているものというのが必須条件ですね。

中にはムダ毛を薄くする効果の期待できる商品もあるので、そちらを併用しながら処理を進めていくことがおすすめです。

お肌への負担が軽く、美肌効果も期待できるから中高生にも安心してお勧めできるのがこちら→パイナップル豆乳ローションプレミアムです。

「【脇の脱毛】すぐ生えるワキ毛自己処理、自宅でできる効果の高い方法は?」まとめ

女性なら誰もが気になるワキ毛の処理方法ですが、自宅でできる自己処理方法についてまとめました。クリーム、ワックス、カミソリ、毛抜きなどを使う一般的な「除毛処理」ではムダ毛は再生し続けるため、繰り返し処理をする必要があります。

自宅でできるムダ毛の脱毛処理は家庭用脱毛器で脱毛する方法が手っ取り早くムダ毛を処理でき、長い目で見ても経済的で安全だということがわかりました。光脱毛とレーザー脱毛の二種類がある家庭用脱毛器ですが、効果重視ならレーザー脱毛器がおすすめです。

保証も安心!レーザー脱毛はトリア!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 201901231418219360-400x400.jpg
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる