バレエダンサーのランクと名称はバレエ団でちがう?

バレエダンサーには、「プリンシパル」などの名称があるのを知っていますか?

聞いたことはあっても、それがどんなランクのダンサーなのかよく分からない、という人も多いと思います。

私もそうでした…(^^ゞ

バレエ団ごとに呼び名が違ったりもするので、なおさら分かりにくい!!

なので、今回はダンサーのランクについて、分かりやすくまとめてみました。

バレエダンサーのランク?

試験に無事に合格してバレエ団に入ると、まずコール・ド・バレエのダンサー(集団で踊る人たち)になります。

そして、バレエ作品のなかのアンサンブルの部分に出て踊ります。

コール・ド・バレエで経験をつみ力がつけば、ランクがあがってソロで踊ることもできるようになり、いつかは主役を踊るプリンシパルになることもあります。

バレエダンサーのランクは、バレエ団によって呼び方がちがいます。

バレエ団ごとランクの名称をまとめてみました。

バレエダンサーのランクの名称

ボリショイ・バレエ

プリンシパル:主役のトップダンサー

リードソリスト:準主役級のダンサー

ファーストソリスト:名前がつくような主要な役を踊るダンサー

ソリスト:群舞(集団で踊る人たち)の中の主役

コール・ド・バレエ:群舞(集団で踊る人たち)

パリ・オペラ座バレエ

エトワール:主役のトップダンサー

プルミエ・ダンスール(男性)、プルミエール・ダンスーズ(女性):準主役級のダンサー

スジェ:名前がつくような主要な役を踊るダンサー

コリフェ:群舞(集団で踊る人たち)の中の主役

カドリーユ:群舞(集団で踊る人たち)

英国ロイヤルバレエ団

プリンシパル:主役のトップダンサー

ファーストソリスト:準主役級のダンサー

ソリスト:名前がつくような主要な役を踊るダンサー

ファーストアーティスト:群舞(集団で踊る人たち)の中の主役

アーティスト:群舞(集団で踊る人たち)

アメリカン・バレエ・シアター

プリンシパル:主役のトップダンサー

ソリスト:準主役級のダンサー・名前がつくような主要な役を踊るダンサー

コール・ド・バレエ:群舞(集団で踊る人たち)の中の主役・群舞(集団で踊る人たち)

東京バレエ団

プリンシパル:主役のトップダンサー

ソリスト:準主役級のダンサー・名前がつくような主要な役を踊るダンサー

アーティスト:群舞(集団で踊る人たち)の中の主役・群舞(集団で踊る人たち)

Kバレエカンパニー

プリンシパル:主役のトップダンサー

ファーストソリスト:準主役級のダンサー

ソリスト:名前がつくような主要な役を踊るダンサー

ファーストアーティスト:群舞(集団で踊る人たち)の中の主役

アーティスト:群舞(集団で踊る人たち)

Kバレエカンパニーは、東京バレエ団と同じ日本のバレエ団なのに、ランクの名称が違うんですね。

Kバレエカンパニーは、英国ロイヤル出身の熊川さんのバレエ団なので、英国ロイヤルと同じ名称なんです♪

バレエ団によって名称は違っても、おおよその役割分担は変わりませんね。

ダンサーのランクの他にも…

ダンサーのランクとは別に、こんな呼び名もあります。

プリンシパル・キャラクター・アーティスト:ダンスも演技も上手なダンサー。とくに、個性の強い役を踊ります。

アンダースタディ:代役のこと。ケガなどによる降板に備えて主役ダンサーの踊りをあらかじめ学んでおくダンサーで、将来を期待されている人材があてられることも多い。

まとめ

以上、よく耳にはするけれどよく分からなかったバレエダンサーのランクについて、調べてみました。

バレエダンサーって主役になるまで長い道のりなんですね(^^ゞ

大変だ~!!

最近は日本のダンサーも海外で活躍しているし、ランクを知るともっと深くバレエを好きになれますね。

好きなダンサーのランクが上がっていくのを長い目で見て応援していくのも楽しいですね♪

スポンサーリンク
投稿本文h2
投稿本文h2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする