バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

バレエはお金で親が大変な習い事?お月謝・発表会の費用はいくらかかる?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

綺麗な衣装をまとったバレリーナの姿を見て女の子なら誰もがバレエに憧れますよね!親の立場からのバレエ教室でバレエを習わせてあげたいと思う気持ちとともにバレエはお金がかかって大変な習い事なのでは?とゆう疑問にお答えするため、レッスンのお月謝や発表会の費用についてもまとめました。

女の子に大人気の習い事【バレエ】!

 

数ある子供の習い事の中でも、特に女の子また女の子を持つお母さんがたの中でも「バレエ」は人気がありますね。

素敵な衣装を着て舞台で踊るバレリーナの姿に世界中の女の子が憧れを抱いています。

バレエを習うことのメリットとしては、姿勢がよくなる、体の柔軟性を高めることができる、リズム感を養うことができる、礼儀正しい行いを学ぶことができるなどがあげられます。

一方で、バレエを習い事として始める際に親の立場として気になるのは習い事としてかかる費用ではないでしょうか。

普段のレッスン料としてのお月謝以外に、レオタード、バレエシューズ、そして発表会にかかる費用とを合わせた年間費用の額を把握した上で安心して教室に通い始められるのがベストですね。

バレエの習いごとはお金がかかって親が大変って本当?

バレエは女の子の間で大変人気が高い習い事の1つですが、「バレエはお金がかかって大変…。」「バレエは裕福な家庭の習い事」という話をどこかで聞いたり、そんなイメージを持っている方も多いことと思います。

“バレエはお金がかかって大変な習い事”だとゆうことに関しては、主に発表会や希望者がコンククールに出る際にかかる費用が大きいとされます。

お教室の形態により様々な設定がありますが、一般的に普段のレッスンにかかるお月謝に関しては特に高くお月謝の支払いが大変になるとゆうわけではありません。




バレエの習い事ににかかる費用

バレエの習い事にかかる際の費用をまとめると以下のものがあります。

◎お月謝

◎発表会費用

◎ウェアなどの消耗品

バレエ教室のお月謝の相場はいくら?

バレエ教室のお月謝に関しては、お教室により様々な設定がありますが以下のことが考慮されます。

週に何回レッスンに通うか、また年齢に応じた設定の違いなどにより、お月謝の金額は教室ごとに決められています。

また、公民館等の公共の施設を利用、有料施設を利用、先生ご自身が所有するスタジオでのレッスンなのかとゆうこともレッスン料金が左右されることもあります。

<バレエのお月謝の相場>

4,000円〜15,000円

レッスンに関しては幼い間は週に1回のレッスンから始め、成長とともにもっとレッスンに通いたいレッスンの回数をだんだんと増やして行くのが一般的です。

バレエの発表会費用の相場はいくら?

バレエの習い事でかかってくる費用の中で一番高いのは「発表会」への出場に関わるものでしょう。

発表会用の衣装、シューズ、出場料金などがその内訳になります。

発表会を毎年(または1年に2回)開催するお教室もあれば、一年おきに開催するお教室もあります。

そして、発表会費用を一度に徴収するお教室もあれば、月々のお月謝に少額づつ発表会費用としての積み立てをする制度を設けているお教室もあります。

発表会の出場費は、利用する会場の規模によっても大きく違ってきます。

こちらに発表会にかかる費用とその相場をまとめてみました。

●衣装代:6,000円〜3万円

●発表会出場の参加費:3万円から10万円

●発表会のDVDや写真の注文代金:3000円〜1万円ほど

バレエのスキルが上がり、舞台の主役として男性ダンサーとペアで舞台に立つことが決まれば、その費用は1回の舞台のためにリハーサル料金も含め少なくとも10万円は見積もっておく必要があります。男性が遠方から発表会のために訪れる場合などは滞在費用や旅費が必要となることもあります。




バレエにかかるウェア代(レオタード、バレエシューズ、トウシューズなど)

バレエを習う際に必要となるウェアとして必要になるものとしては、

・レオタード(3000円〜6000円程度)
・バレエシューズ(1000円〜3000円前後)
・タイツ(1000円前後)

上記の3つは必須となります。消耗品ではありますが、何度も洗って使えるものですので、一度揃えれば何度も買い換えるためにお金がかかって仕方がないとゆうものではありません。

小学校の高学年以上になるとトウシューズの練習が始まります。

トウシューズは、一足約5000円〜6000円ほどです。

はじめのうちはレッスンの一部としてトウシューズになれるためのトレーニングが行われるだけなので、一度購入したトウシューズを何ヶ月も使用することになります。

トウシューズを本格的に履き始めた際には二週間〜1ヶ月に一度のペースでトウシューズを履き替えることになります。

消耗品のトウシューズの購入にはお金がかかりますが、中学生以上になり本気でバレエに取り組みたいとゆう意思が芽生え週に3回以上のレッスンに通うことになった際の心配事となるでしょう。

子供の習い事にいくらかける?

お子さんの習い事にどのくらいの金額をかけるかはそれぞれのご家族によって大きな差がある部分になり、習い事を複数させるご家庭もあれば、一切習い事をさせないご家庭もあります。

一般的には教育費は収入の5~10パーセントが適正な目安だと言われています。

教育にかけるお金に関しても、教育方針に関しても、ご家庭により様々な考え方がありますので、習い事を始める際には、お子さんの育て方に対して考えをまとめてみることも良いでしょう。

バレエを高い習い事だと定義するべきかどうかとゆうのもやはりご家庭の判断基準とゆうことになります。

発表会の費用を考えると、バレエは決して低料金でできる習い事ではありませんが、それぞれのバレエ教室でのお月謝や発表会の料金設定をご確認することと、家計の中でのプランニングをしっかりとしておくことで発表会の際に料金に関する問題を抱えることを防ぐことができます。

バレエを習うために両親の年収はいくら必要?

バレエをお子さんお一人が習ったとして、相場の金額で1年間にかかる費用をまとめてみたいと思います。

<幼稚園児〜小学校低学年のお子さん/発表会年に1回の場合>

お月謝:6000円x 12ヶ月=7,2000円

発表会費用:6万円

消耗品:10,000円

合計:14万2000円

 

<中学生以上のお子さん/発表会年に1回の場合>

お月謝:10,000円x 12ヶ月=12万円

発表会費用:10万円

消耗品:60,000円

合計:28万円

上記でもご説明した通りこどもの「教育費」は家計の5~10%が適正だと言われています。そのことを考えると、年収500万円のご家庭で教育費にかけられるお金は12万円から25万円とゆうことになりますね。

バレエ以外にも習い事があるのなら、家計の負担となることが考えられますが、バレエだけを習い事として選ぶのであれば、500万円前後の年収のご家庭でまかなうことができそうです。

まとめ:バレエはお金の面で大変な習い事?レッスン・発表会の費用はいくらかかる?

“お金がかかる大変な習い事”とゆう噂のあるバレエですが、習い事として習った際にかかってくる様々な費用をまとめてみました。

一昔前はお金持ちの習い事の1つだとされていたバレエですが、今では興味の広がりもあり様々な形態のお教室が存在し、発表会の開催においても費用に差が開いいます。

発表会のステージに立つためにはそれなりの費用はかかりますが、一年に一度の大きな行事だと割り切って工面していけば一般家庭でもなんとかなる金額だとゆうことがわかりました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.