バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

【バレエ】体がかたい子は無理?短期間で体を柔らかくする方法とコツを紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

バレリーナの優雅でしなやかな動きに憧れる女の子たちや親御さんも多いですね。バレエを始める際、または疑問になるのバレエのための柔軟性について。バレエが上手に踊れるようになるには「もともと体が固い子は無理なの?」「できるだけ短期間で体を柔らかくする方法はある?」とゆう疑問にお答えしたいと思います。

体が固い子はバレエは無理?

「体が硬いのは生まれつき、ストレッチしても体の柔軟性は変わらない。」だからバレエも向いてないのでは?と思われる方もいるかと思いますが、バレエを習い始める際の体の固さにおいては、それからの努力次第で改善できます。

バレエに限らずスポーツ全般ではストレッチを準備運動として取り入れますが、それはまず柔軟性を高めてから練習を始めることがケガの防止につながるからです。

固い体の状態とゆうのは、筋肉がこわばり関節が動きにくくなってます。

スポーツではとっさの反応も必要になりますが、思った通りに体の動きが機能せず、トレーニング中のけが(捻挫や肉離れなど)をしやすくなります。

バレエでも同様に、優雅な動きを可能にする体の柔軟性はもちろんのこと、体を柔軟にすることにはまず第一に怪我を防ぐためとゆう意味合いがあります。

体は習慣化と努力次第で必ず柔らかくなります!

柔軟性においても個人差があるのは当然ですね。

もともと誰もが羨むほどに身体が柔らかい子もいますが、バレエでは元々の体の固さは問題ではありません。関節が柔らかすぎても固いことは逆で苦労をする部分が出てくる場合もあります。

バレエを始めた時に体が固めでも、強い意志を持って、努力を継続することで体は必ず柔軟になっていきます。

正しい方法で安全にストレッチを毎日10分間でも行っていけば、1ヶ月後、2ヶ月後、さらに3ヶ月後には柔軟性が高まっていることに気づくことでしょう。

親の柔軟性は子どもに遺伝する?

体の柔軟性は遺伝するの?とゆう疑問も浮かびますが、柔軟性に関しては遺伝はあまり関係ないとの専門家の見解が強いようです。

骨の形や関節の構造などにおいては遺伝的要素もありますが、柔軟性の要素は運動経験や、過去にしたケガ、生活習慣などが大きく左右します。

バレエのレッスンや家庭でのストレッチを継続的に行うことで、股関節を始め体全体の柔軟性は高まります。

もちろん普段から運動をしたり体を動かす習慣がない人は関節の可動域が狭くなり、子供でも大人でも同様に体が固くなり、柔軟性が低下してしまいます。

コツを掴んでストレッチを毎日の習慣としていけば、体は目に見えて短期間の間にも柔軟性が高まっていきます。




短期間で体を柔らかくする方法はある!

こちらでは、少しでも短期間で体の柔軟性を高め柔らかくするための方法をご紹介したいと思います。

柔軟性を高めるストレッチの方法とコツ

身体が温まったお風呂上がりが最適

お風呂にゆっくりと浸かり身体が温まった時は、筋肉を始め体全体がゆるまっています。

体全体が温まりリラックス状態で緩んでいる時こそが、ストレッチに最適な時で、体の柔軟性を高めるチャンスです。

ゆっくり伸ばして20~30秒間キープする

早く体を柔らかくしたい!と焦る気持ちと裏腹に、体は思うようには変わってくれません。勢いよく反動をつけてストレッチ運動をしてしまったために、筋を痛めてしまった…とゆう話もあります。

じわじわとゆっくり体を伸ばしていくのがポイントであり、近道になります。

伸びている箇所を感じながらゆっくり伸ばし、伸ばしきったところ(現在の限界のところ)で20~30秒間キープ

この時に大切なのは絶対に無理をしないこと

人に引っ張ってもらったり押してもらったりとゆう場合も慎重に行う人があります。

このキープをしている時間こそが、柔軟性が高まる時間だと意識してみましょう。

体を伸ばす時の呼吸は息をゆっくり吐く

ヨガをされたことのある方ならご存知のことと思いますが、”体を伸ばす時に息を吐く”とゆうのがストレッチ効果を高めるための呼吸法です。

ストレッチで痛みを感じてしまうと多くの場合は呼吸を止めてしまいがちです。

でも、痛みを我慢するために呼吸を止めてしまうと筋肉にも影響し収縮し硬くなってしまいます。それではストレッチも逆効果

吐きながら伸ばす、伸ばした位置でキープする時間も呼吸を止めないようにすることが、筋肉を緩めストレッチ効果を高めるコツです。

まとめ:【バレエ】体がかたい子は無理?短期間で体を柔らかくする方法はある?

バレエを習って上達するためには柔軟性が必要とゆうことは本当ですが、体が固いからとバレエをあきらめる必要はありません。体の柔軟性は毎日の努力によって高めていくことが可能です。ご紹介しました短期間で体を柔らかくするためのコツをぜひ意識しながら、ストレッチ運動を習慣化してみてくださいね。必ず効果が表れるはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.