バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

宝塚音楽学校への受験資格と学費が知りたい!年齢制限と平均身長・体重は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

宝塚歌劇団の舞台を一目見て「将来は宝塚に入りたい!」とゆう夢を持ち始める女の子も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、受験資格(年齢制限、平均身長、体重など)と学費ではないでしょうか。宝塚音楽学校へ入るには?とゆう疑問にまとめてお答えしていきたいとお思います。

宝塚音楽学校の受験資格

宝塚音楽学校を受験するためには年齢制限が設けられているので、受験を目指す前にはまず募集要項の年齢制限について確認をする必要があります。(*基本的に毎年1月中が願書の提出期間となります。)

毎年発表される応募要項で、応募資格についてこのように書かれています。

令和○○年4月2日~令和○○年4月1日までに生まれで、受験時に中学卒業あるいは高等学校卒業又は高等学校在学中の方

(通信制高等学校在学中で年間所定単位修得見込者は含みます。但し※専修学校、各種学校は含みません。)
※専修学校のうち、大学入学資格を付与された高等課程在学者は応募資格があります。

(宝塚音楽学校公式サイトより引用)

受験資格としての年齢を見てみると、中学校を卒業した時点より、高校を卒業するまでの間(中学3年生の3学期、高校1年生の3学期、高校2年生の3学期 、高校3年生の3学期高校3年生の3学期)の間に願書の提出と試験が行われます。

基本的にはその年齢条件として、中学を卒業する3学期から高校を卒業する3学期の時期までとなっているので、最大4回の受験チャンスが与えられるとゆうことになります。

年ごとの変動もあるかもしれませんが、これまでほぼ毎年募集人員は40人とされてきました。

応募資格の容姿端麗とは?

応募資格の中には、年齢条件以外には、以下の条件が設けられています。

容姿端麗で、卒業後宝塚歌劇団生徒として舞台人に適する方

辞書で『容姿端麗』とゆう言葉を調べてみると、以下のように説明されています。

顔や姿が整い、美しいさま。▽端麗」はすらりとして美しいさま。整って美しいさま。

宝塚を目指すには高身長が必要?平均身長と体重は?宝ジェンヌをチェック!

宝塚音楽学校の受験資格として身長の制限や条件は設けられていません。

2000年代前半辺りまでは157センチ以上でないと受験できないとゆう条件があったようですが、現在ではこの条件が外されています。

宝塚歌劇団の舞台で活躍しているスター達の身長が参考になるかと思いますので、役ごとの身長をまとめて見ました。

男役スターの身長

昔は172〜173cmで大きめと言われていたようですが、最近の男役スターの皆さんの中には175cmほどの身長の方も存在しています。

世間も高身長化に伴い、宝ジェンヌの男役さんも基本的には170センチ以上の方がほとんどで、160センチ台方が少なくなってきている傾向のようです。

現在の男役スターの平均身長は、172センチくらいとなっています。

娘役タカラジェンヌの身長

娘役さんも、日本女性の平均身長と比較するとやはり高めの方がほとんどです。160センチ以上の方が多く162センチくらいが娘役の平均身長です。

身長による受験条件はないものの、現役スター達の身長を見るとやはり150センチ後半は求められているようです。

男役と娘役の身長差は?

男役と娘役の実際の身長差は10センチほどとゆうことになりますが、舞台の上では男役スター達は、ハイヒールを履いているため娘役さんとの身長差は実際の身長差よりも大きく開くこととなり、バランスよく見えるのですね。

やはり15センチ〜20センチほどの身長差が舞台上でのバランスよく見えるとゆうことを考えると、男役さんが履く靴は5センチ〜10センチほどのハイヒールを履いているとゆうことですね。

宝ジェンヌの体重は?

宝ジェンヌの体重は基本的に非公開とされています。

やはり女性にとっては体重を公開することは避けたいとゆうのも当然です。

宝塚歌劇団のスター達も男役と女役に関係なく体重は非公表とされています。

しかし、最高の舞台の美しさを求めるため、体型に関してもスター達は厳しく管理されていることは確かです。

身長170cm代の人は50kg前後、160cm代の人は40kg前後の体重を理想としているようです。




宝塚音楽学校の試験内容

宝塚音楽学科王の試験は1次から3次試験まで3回行われ、それぞれの試験の内容は以下のようになります。

▪️第1次試験… 面接

▪️第2次試験… 面接・歌唱・舞踊

▪️第3次試験… 面接・健康診断

毎回の試験では面接が含まれていることから、面接が重要視されていることがわかります。

面接試験について

面接試験の中で審査されることは、容姿はもちろんのこと、立ち居振る舞いなどの動作、宝塚歌劇団の舞台に立つことに適した人材であるかを含めた適正などです。

歌唱試験について

歌唱試験は課題曲により審査されます。

歌唱力を審査することが目的なので、声の量、声質、音感などが大切になります。

舞踏試験

舞踊試験では、踊りのスキルを審査されます。

踊りに必要な基本動作、柔軟性、動き、リズム感など舞台で踊ることの適正などを全般的に審査されます。

試験会場にて見せられる見本をその場で学んで表現しなければならないため、即効で踊りを学び表現する力を試されることになります。

宝塚音楽学校の学費はいくら?

宝塚音楽学校の学費をご紹介します。

こちらは本年度のものになりますので、年度により変更となる場合もあります。

◼️授業料:月額 5万円(2年間120万円)

◼️入学金等:20万円、教育施設費25万円、雑費3万円、教材購入費:5万円

◼️修学旅行等の積立金:月額2万円(修学旅行積立金)

◼️入寮費(月謝):15000円(入寮時に最初の3ヶ月分は前払い、その後は自動引き落とし)

※入学時の納入金額(入寮費を除く)は80万円になります。

その内訳は、以下の通りです。
入学金20万円、教育施設費25万円、雑費3万円、授業料(3か月分)15万円、修学旅行等積立金(6か月分)12万円、教材購入費5万円

まとめ:宝塚音楽学校への受験資格と学費が知りたい!年齢制限と平均身長・体重は?

こちらのページでは、宝塚音楽学校に入るための受験資格や応募条件についてご紹介しました。年齢制限は合格を目指して毎年受験すれば最大4回の受験が可能になります。気になる現役タカラジェンヌ達の身長や体重についてもご紹介しましたので、宝塚音楽学校の受験を目指す方の参考になれば嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.