バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

【バレリーナ】バレエ女子の体型の条件!脚のラインを長く美しく見せる方法は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

バレエ女子にとって体型はとっても気になるもの!レオタード姿でも美しい衣装を着て舞台に立っても、やはり脚を長く美しく、体型全体を美しく見せたいものですね。こちらの記事では、バレエ女子の体型条件や脚のラインを美しく見せる方法についてまとめてみました。

バレリーナの理想の体型とは?

舞台で豪華な衣装を身に纏い、美しさが映えるバレリーナたち。バレエは芸術であるため、見た目の美しさがバレエの技術と同様に重要視されます。

バレリーナに要求される理想の体型条件を簡単にまとめてみると・・・

●手足が長いこと

●首が長いこと

●頭・顔が小さいこと

●全体的な身体のラインが細身であること

が挙げられます。

バレリーナの理想の足の形・ラインは?

また、バレリーナの理想の足に関しては特に条件が厳しくなります。

・甲賀高いこと(トウシューズで立った時にアーチのラインができ美しく見えます。)

・足全体のラインがすらりとまっすぐ伸びていること

・膝が飛び出しておらず、足のラインに沿って膝が中に入っていること。

なども理想の体型条件となります。

まっすぐに伸びた足、または少々X脚気味な形が好まれます。

海外のバレエ学校では、入学審査の時に脚の形を吟味されることもあり、バレリーナにとっての理想の足の形、またはトレーニングによって理想の形に近づける可能性を持っているかどうかもみられます。

ただ、足の形の場合は遺伝により、生まれつきの形もあるため簡単に形を変えることは困難です。

ただし、持っているものを活かす事は十分に可能です。

日々のトレーニングにより、美しく筋肉をつけながら、出来る限り美しく見せるための努力やコツをこちらのページの下の方でご紹介しています。

バレリーナの理想体重の目安は?

バレリーナは日々のトレーニングで体力を消耗しながらも厳しく体重管理をしなくてはなりません。

体重が増えることで、本人が踊りづらくなるのと同時に、パ・ド・ドゥで男性ダンサーニリフトされるときの男性側の負担もあります。

一般的に、男性が難なく美しさを保ちながら持ち上げられるのは50キロまでと言われます。

そのためか、海外のバレエ学校では、女性のダンサーは50キロを超えると厳しく処分されることもあるようです。

バレリーナの理想体重はこちらの計算式で算出できます。

「(身長-110)×0.9 または 身長-115」

例えば、

●身長が160㎝の場合、
(160-110)×0.9=45㎏
160-115=45㎏
となります。

バレリーナの体重の目安としたいのが、ローザンヌ国際コンクールの応募条件です。

ダンサーとしての健康と美しさを備えていることを元にした独自のBMIが設定されています。

以下の数値が、ローザンヌ国際コンクールが定める年齢別の理想の身長と体重のバランスの目安です。

・15歳の目安BMI・・・16

・16歳の目安BMI・・・16.4

・17歳の目安BMI・・・16.8

・18歳の目安BMI・・・17

身長と身体のバランスが重要!

バレエは芸術であるということから、見た目の美しさが重要視されるのは事実ですし、身長の目安もあります。

日本人の身長160センチに満たない方であっても、海外で大活躍されているという実例もあります。

やはりその際に必要になるのは、素晴らしい技術と身長における身体バランスです。

身長がバレリーナの平均よりも低めであっても、顔や頭が小さく、バランスのよく取れた体型であることは大切です。

逆に骨格である頭の大きさ、足の長さを変えることはできなくとも、20歳前後までで身体が成長段階の方であれば身長を伸ばすことによって、より美しい身体バランスを手に入れることもできます。

バレエの舞台を鑑賞されたことのある人なら経験があると思いますが、バレリーナの足だけ、顔や表情だけと部分的に見るのではなく、舞台全体を芸術として楽しみます。

踊りの技術はもとより、見た目の美しさにおいてはやはり身体全体のバランス的な美しさは大変重要ですね。

美しい脚のラインを作る方法!スタイル良く見せるには?

すらりと伸びた美しい脚のラインは、誰もが理想とされるのではないでしょうか。

特にバレエやダンスの現場では、脚のラインも美しさの条件のひとつとして見られるため、より脚に意識が向かいますね。

そこで、美しい脚を作り、スタイルをよく見せるためのヒントをまとめてみました。

 

足首がしっかり伸びるようストレッチをする

足裏をしっかり鍛える

内腿の筋肉(内転筋)を鍛える。

ヒップアップ効果のあるエクササイズをする。

・正しく筋肉がつくようターンアウトを意識して練習をする

 

レオタードの選び方

さらに、レオタードの選び方ひとつでもスタイルの見え方が違ってきます。

スタイルが良く見えるレオタードのスタイルは以下の通りです。

・ハイレグカットのレオタード

・切替がウエストより高めの位置にあるレオタード

日々の努力やトレーニングでできること

体型に関しては生まれ持ったものだから…と諦めてしまうのはもったいないです。

変えられない部分は仕方ありませんが、日々の努力で少しづつでも変化や成長し続けることも可能です。

●正しいトレーニングで筋肉を上手につける。

●役の心情になりきるための表情を練習する

●音楽を心と体で感じ音楽性を向上させる

また、何よりも大切なのが規則正しい生活習慣と食生活で健康維持をし、正しいトレーニングを行うという事です。

栄養状態や質の良い睡眠、足や背骨のラインをまっすぐに整える事ができるストレッチにより、歪みによって縮んでしまっていた体に良い刺激が与えられます。

その結果、身長が数センチでも伸びると全体のバランスが大きく変わるということも!

正しい生活、正しいトレーニングが体型を整える可能性を高めてくれるのではないでしょうか。

まとめ:【バレリーナ】バレエ女子の体型の条件!脚のラインを長く美しく見せる方法は?

こちらのページでは、バレリーナにとっての理想の体系条件や足のラインを美しく見せるための方法をご紹介しました。遺伝だとあきらめずにちょっとした工夫で改善できる点もご紹介しました。理想の体系の条件に近づく事ができたら良いですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.