バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

パキータ(バレエ)あらすじ・見どころ・登場人物(役)をまとめて簡単に解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらの記事では『パキータ』のあらすじや見どころ、登場人物の役どころなどをまとめました。バレエの演目の中dもちょっと大人っぽいイメージのある『パキータ』ですが、スペイン風の音楽や衣装が大変豪華で、踊りも迫力満点!そんなパキータは、ジプシーの娘パキータとフランス人将校の恋のお話です。

『パキータ』(バレエ)の主な登場人物と役どころ

パキータ=ジプシーの娘

リュシアン=フランス軍の将校

デルヴィリ伯爵=リュシアンの父親

ドン・ロペス=スペイン人の地方総督

イニゴ=ジプシーの首領

『パキータ』(バレエ)の幕ごとのあらすじ

『パキータ』の舞台は情熱の国スペイン。

ジプシーの娘パキータとフランス人将校の恋の物語です。

当時のスペインはナポレオンの統治下のため、ジプシーの少女とフランス人将校のハッピーエンドを迎えることは困難な状況。パキータに恋をするスペイン人男性との三角関係も二人の恋の行方はいかに…。

第一幕

〜スペインのトゥロー渓谷にて〜

舞台はナポレオン率いるフランス軍統治下のスペインです。

知事ドン・ロペスは、祖国を占領したフランス軍に対して憎しみを持っていた。

記念碑建立を祝うための村祭が行われ、フランス軍の一行がトゥロー渓谷にたどり着く。

一行の中にはフランス軍の将軍の息子、将校のリュシアンの姿もあった。

 

村祭りに集まったジプシー達。

その中の一人ジプシーの娘パキータは、ある人の肖像画の入ったロケットペンダントを肌身離さず身につけていた。

フランス軍は、ストーリーの舞台となるスペイン北東部の都市サラゴサを占領していた。

ジプシーの娘パキータに心奪われるフランス将校リュシアン

大勢が集まる村祭でリュシアンは娘パキータに一目惚れする。

パキータがロケットペンダントをリュシアンに見せようとすると、ジプシーのリーダー・イニゴがそれを奪っていく。

イニゴは密かにパキータに想いを寄せていた。

そして、そのロケットの中身の秘密を知っており、他人にそれを見られたくなかった。

ある日、リュシアンは一緒にフランスへ行こうとパキータを誘うが、パキータは身分の差を気にして、その誘いを断ります。

仲睦まじく見えるリュシアンとパキータの姿を見て、イニゴは嫉妬していた。

その様子を察知した知事のドン・ロペスは、憎んでも恨みきれないフランス軍の将校であるリュシアンの殺害をたくらみ、イニゴをその戦略に誘い入れる。

〜ジプシーの住みかにて〜

リュシアンはある日、ジプシーの住みかを訪れる。

イニゴはリュシアンを食事をすすめ、ワインを差し出す。

パキータはイニゴとドン・ロペスのおかしな様子を見て二人の策略を察し、こっそりとリュシアンとイニゴのワイングラスをすり替えます。

それを知らないイニゴは、毒の入ったワインを口にして倒れる。

イニゴが倒れている隙に、パキータはイニゴに奪われていたロケットを取り戻す。

外では山賊たちがリュシアンが出てくるのを捉えようと待ち構えている。

パキータはリュシアンの身の危険を本人に伝え、二人は暖炉の脇に身を隠します。

第二幕

〜フランス人将軍宅にて〜

パキータとリュシアンは危機から逃げ出すことに成功し、フランス将軍主催の舞踏会へとやってくる。

そこでフランス軍に対しドン・ロペスの企みを告げ口し、舞踏会に参加していたドン・ロペスはその場で捕らえられる。

自信を危機から救ってくれたパキータにリュシアンは感謝と愛を込めて求婚するが、パキータは身分違いを気にして答えることができない。

そんなとき、パキータは壁に飾られた肖像画が目に入り驚きを隠せない。

その理由は、壁の肖像画と自分が幼い頃から肌身離さず身につけていたロケットペンダントの中の肖像画と同じものだったからでした。

肖像画の人物がリュシアンの伯父シャルル・デルヴィイーの姿で、実はパキータは彼の娘だったのです。

パキータとリュシアンは従兄弟(いとこ)同士だったとゆうことがわかり、パキータは身分の差を気にする必要がなくなります。

これでパキータはリュシアンの求婚に答えることができ、二人はハッピーエンドを迎えることができます。




『パキータ(バレエ)』の見どころと特徴

スペインを舞台にしたバレエ演目とゆうユニークな音楽に、踊りに、衣装に、華やかで迫力のある舞台です。

人気の高い女性のソロ(ヴァリエーション)の数々

「パキータ」には、数多くの人気の女性ソロ(ヴァリエーション)が存在しますが、どれも見せ場の多い作品ばかり。

ジャンプ、回転、足さばきのうつくしさ、扇子を手に持ったソロのダンスなど、どれも魅力的なものばかりです。

主役の二人が踊るパ・ド・ドゥ

練習を積み重ね、お互いが呼吸を合わせて踊らなければ難しいパ・ド・ドゥですが、『パキータ』での作品はひときわ二人の息の合った演技をじっくりと味わわせてもらえます。ご覧になられたら誰もがはっと息を飲むダンスシーンもあり、注目度の高いパ・ド・ドゥです。

まとめ:パキータ(バレエ)あらすじ・見どころ・登場人物(役)をまとめて簡単に解説!

スペイン風の音楽や情熱的な真っ赤な女性の衣装、その華やかさに負けないくらい迫力のあるダンスの数々には、それぞれの踊りが華やで見どころが多い作品です。迫力のあるパキータの舞台をぜひお楽しみください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.