井関エレナのバレエ経歴やインスタは?身長・プロフィールもチェック!

2020年にベルリン国立バレエ団に入団された井関エレナさん。過去の受賞歴やバレエの経歴と、インスタがあるのかどうかも確認してみました。

目次

井関エレナさん(バレエ)の身長・プロフィール

名前:井関エレナ(いせきえれな)
出身地:神奈川県
生年月日:2002年
好きなバレエ演目:白鳥の湖、ロミオとジュリエット
無くてはならないもの:ステージと拍手、ハードな練習

誕生日の月日はわかりませんが、2018年7月にバルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で入賞したニュースの時は16歳でしたので、遡ると2002年生まれということになりますね。(動画は下の方に)

2021年時点では19歳です。

身長についても特に記載がなかったので不明ですが、ペアで踊っている様子を見ると男性の方もそんなに高身長ではなさそうなので、井関エレナさんもあまり背は高い方ではないかもしれません。

日本人バレリーナの平均身長は164cmと言われているので、平均くらいかも…。(予想です)

井関エレナさんのインスタは?

インスタを確認したところ、お名前でハッシュタグやアカウントが無かったのでなかなか見つかりませんでしたが、『@elena_ballet_2』というアカウント名で投稿されていました。

フィギュアスケートも就学前から習っていたようです。

2021年1月には『つながるNews 横浜・県央版』地デジ11ch (JCOM無料視聴チャンネル)でベルリンからのオンライン中継でインタビューに応えています。

井関エレナさんのバレエ経歴

2歳の頃からバレエを習い始めたエレナさんは、母の典子さんが開校したバレエ教室『RBSバレエカンパニー』に所属していました。

また、幼稚園年長の2008年3月にフィギュアスケートのスプリングトロフィーにも幼稚園部門で参加していますので、その前から習っていたようです。

小学生から数々のコンクールに出場しては優勝しています。

とても追いきれないのでまだこちらに書かれていない受賞歴もたくさんあると思います。

井関エレナさんのバレエコンクール受賞歴と経歴
2004年~2014年 RBSバレエカンパニー(横浜)
・2011年 第2回NAGANO全国バレエコンクール 児童2部門 第2位
・2012年 第5回FLAP全国バレエコンクール 児童の部 1位
・2013年 第11回バレエコンクールin横浜 クラシック部門ジュニアⅢ 1位
・2013年 第2回ザ・バレコンmini岡山 M-Ⅱ部門 1位
・2013年 第1回とうきょう全国バレエコンクール 小学生部門 1位
・2013年 国際バレエコンクール ジャパングランプリ 児童部門 2位の2(実質3位)
・2014年 第2回座間全国舞踊コンクール クラシックバレエの部/中学1年生部門 1位
・2014年 国際バレエコンクール ジャパングランプリ ジュニアB部門 1位
・2014年 第5回横須賀バレエコンクール クラシックバレエ部門 ジュニアAの部 1位

2014年~2020年 ベルリン国立バレエ学校(ドイツ)
・2016年 第79回 NAMUEクラシックバレエコンクール 中学部門 1位
・2016年 第4回湘南バレエ・コンペティション 藤沢市長賞受賞、ジュニアA部門1位
・2017年 第13回モスクワ国際バレエコンクール ジュニア部門デュエット 入賞
・2018年 第15回ペルミ国際バレエ・コンクール ジュニア部門2位
・2018年 第28回バルナ国際バレエコンクール ジュニア部門3位

2020年~ ベルリン国立バレエ団 階級:コール・ド・バレエ

2014年、12歳でドイツのベルリン国立バレエ学校へ留学し、6年後の2020年に同バレエ団へ入団しました。

バレエ団に入ることが夢だったというエレナさん。

続けていくことでしっかり目標を叶えていて素晴らしいです。

下の動画は2018年7月29日、ブルガリアの東部バルナで開かれた第28回バルナ国際バレエコンクールの様子です。

バルナ国際バレエコンクールは、アメリカ国際バレエコンクールとロシアのモスクワ国際バレエコンクールと並ぶ三大バレエコンクールの一つです。

井関エレナさんは当時16歳で、ペアで踊った五島温大(ごとうはると)さん(当時18歳)と共にジュニア部門で入賞しました。

母の井関典子さんが代表を務めるRBSバレエカンパニー

2003年7月に横浜市で開校したRBSバレエカンパニーのエレナさんの母、典子さんはご自身もバレエダンサーとして活躍しており、1994年から2年ほどロシア国立エカチェリンブルグ・オペラ・バレエ劇場のバレエ団に所属していました。

その後もダンサーとして活動しつつも、通訳としてオリンピックのロシア選手団や舞台などにも同行されています。

ですがなによりバレエ教室での指導力も高く、開校されてから2016年まででも30以上のコンクールで優秀指導者賞を受賞しています。

RBSバレエカンパニーはワガノワ・メソッド式を採用しており、これはロシアのアグリッピナ・ワガノワという人が創始したバレエテクニック及び指導法になります。

・ワガノワ・メソッドは、ロマン派時代の伝統的なフランス派の要素と、イタリアのチェケッティ・メソッドで重視する運動能力とヴィルトゥオーソ性を融合させたことに特徴がある
・ワガノワ・メソッドは、「すべてのトレーニングは、グラン・パ・ド・ドゥの過程に包含され発揮される」という原則に基づく

出典:Wikipedia

RBSバレエカンパニーでは週1日から週5日まで選んでレッスンを受けることができ、コンクールに参加するには週3日以上のレッスンを受けていることが条件となっています。

【RBSバレエカンパニー】
所在地:〒233-0013 神奈川県横浜市港南区丸山台4-8-12
入会金:10,000円
レッスン:週1日~週5日
月謝:10,000円~
URL:http://rbs-ballet.com/index.html

教室のブログでは活動報告が載せられているので、教室の様子も垣間見ることができます。↓

井関エレナのバレエ経歴や身長・プロフィールをチェック!まとめ

井関エレナさんは2021年時点での階級は下位のコールドバレエですが、今後はデミソリスト→ソリスト→プリンシパルと階級が上がっていくニュースがいつ聞けるのか楽しみです。

それにしても世界で活躍するには、小学生の頃から数々のコンクールで1位を取るほどの素質が必要だということもわかりました。

今後の活躍も大いに期待しています!




よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる