バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

アリーナ・コジョカルの身長と年齢は?出産後の活動や夫もご紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ルーマニア出身のバレリーナ”アリーナ・コジョカル”さんは。世界的に活躍するバレリーナの中ではかなり小柄な方とゆうことでも知られているアリーナさんです。アリーナさんの身長や年齢、そして出産を終えた現在のアリーナさんの活動などもご紹介していきます。

【アリーナ・コジョカルのプロフィール】年齢や身長は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alina Somova(@alinasomovaofficial)がシェアした投稿


名前:アリーナ・コジョカル (Alina Cojocaru)

生年月日:1981年5月27日

出身地:ブカレスト(ルーマニアの首都)

職業:バレリーナ

所属:イングリッシュ・ナショナル・バレエ

身長:157cm

アリーナ・コジョカルさんの年齢は、2020年2月現在38歳です。

世界的に活躍するバレリーナの身長が165センチを超える中、アリーナさんの身長は157cmでとても小柄です。

その小柄な身長で少女の役から中年女性の役まで様々な役柄をこなす高度な演技力と踊りの技術を持ったダンサーです。

アリーナ・コジョカルの生い立ち〜バレリーナになるまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alina Somova(@alinasomovaofficial)がシェアした投稿


ルーマニアの首都ブカレストで市場店主の次女として生まれたアリーナさんは、7歳で器械体操を始めたものの、怪我をしたのを機に器械体操を諦めバレエを習い始めました。

バレエを習い始めて数ヶ月が経った時に、9歳のときに旧ソ連・ウクライナ共和国のキエフ・バレエ学校の特待生に選ばれる。

キエフでロシア語を学びながらバレエ教育を受け、15歳のときに1997年のローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞しました。

その奨学金でイギリスのロイヤルバレエ学校へ編入することが決まります。在学1年目の途中で2年生への編入が許可されるなど、天性の才能が認められていた優等生でした。

その頃、アリーナさんはキエフバレエ団からプリンシパルとしての入団を誘われ、イギリスロイヤルバレエ団からもアーティストとしての契約をオファーされていました。

アリーナさんの決断はキエフバレエ団に戻ることで、なんと17歳の若さでプリンシパルとしての就任が決まりました。

キエフでの古典作品中心の公演に物足らなくなったアリーナさんは、ロイヤルバレエ団に入団を決意し最下級のランクから再スタートを切りました。

ロイヤルバレエ団での初年度を終え、2年目には一気に3段階の昇格を成し遂げ、ファーストソリストに。

その翌年には入団から1年5ヶ月の時、19歳の若さでロイヤルバレエ団のソリストとなり12年間ソリストとして活躍しました。

現在はイングリッシュ・ナショナル・バレエに所属する現役バレリーナです。




夫と子供について

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alina Somova(@alinasomovaofficial)がシェアした投稿


イギリス・ロイヤルバレエ団に所属していた時には、公演の多くで毎回パートナーを組んでいた男性ダンサーのヨハン・コボーと結婚しました。

舞台上での二人は呼吸の合わせ方から共演者としての相性も抜群で、「奇跡に近い華麗さは最強のパートナーシップ」と言われていました。

 

「ずっと一緒にたくさん踊ってきたから、お互いのことをよくわかっているんです。だから先に進むことができる。ドラマチックな作品では身体も、魂も、いままで体験したことがないような場所まで降りてゆくことができます。」(ダンスマガジン 2006年11月より)

ヨハンコボーは、アリーナさんの「最初にして最後の恋人」とも言われています。

こちらは二人の息の合った”ドン・キホーテ”のステージのYoutube動画です。

 

アリーナさんは2016年の秋に男の子(お名前はタライア・チュルパン君です。)出産しましたが、「出産を理由にバレエをやめるなんて考えられない!」とのことです。

育児とバレエの両立はもちろん大変ですが、夫のヨハンも良きパパとしてサポートしてくれる安心してバレエに取り組むことができる環境に感謝しバレエを継続されています。

子育てと仕事を両立することは大変ですが、子供の顔を見ることで心が穏やかになり、子供の存在が母親としてもバレリーナとしても頑張ることができる原動力となっているのだそうです。

アリーナの信念から分かるバレエで大切なこと

アリーナさんは9歳の時に故郷のルーマニアからキエフへ、イギリスへと居住地を写してきました。

9歳といえばまだ小学校の3~4年生の時期。

その頃から親元を離れて外国でバレエ漬けの毎日を過ごしてきたとゆうことから、相当な精神力の持ち主だとゆうことが分かりますね。

そんなアリーナさんは「頼みとすべきは己のみ」とゆう信念を持ってこられたそうです。

また、バレエに関しては、とことん細かいところにまでこだわる繊細さと集中力を持っています。

アリーナさんご本人は、ご自身のことを「救いようのない完璧主義者」だと表現しています。

これほどまでに才能に恵まれてきたアリーナさんですが、「努力こそが重要」だと信じてこられました。

バレエの世界で頑張る世界中のバレリーナさんにも響くアリーナさんの信念を表す言葉ばかりですね!

まとめ:アリーナ・コジョカルの身長と年齢は?出産後の活動をインスタグラムでご紹介!

38歳のバレリーナのアリーナ・コジョカルさん。お子さんを出産されてからも現役バレリーナとして活躍されています。

アリーナさんの生い立ちからバレリーナまでの経緯からも、バレリーナになるために生まれてきた天性の持ち主だとゆうことが分かりますね!

母でありプロダンサーであるアリーナさんのご活躍をこれからも応援していきたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.