パリ・オペラ座バレエ団が2020年2月に来日!コロナウイルスの影響は?

3年ぶりに来日予定のパリ・オペラ座バレエ団は東京文化会館で『ジゼル』と『オネーギン』が公演予定となっています。

が2020年2月の日本はコロナウイルスの話題で騒がれている真っ只中!…大丈夫なのでしょうか。

パリ・オペラ座バレエ団から来日予定のダンサーや、コロナウイルスの影響について確認してみました。

[kanren url=”https://ballet-info.com/archives/989″]

目次

パリ・オペラ座バレエ団が2020年2月に来日!『ジゼル』と『オネーギン』日本公演予定

上野の東京文化会館で2020年2月27日から3月1日にパリ・オペラ座バレエ団による『ジゼル』の全幕が公演されます。

[kanren url=”https://ballet-info.com/archives/161″]

10年ぶりに東京で『ジゼル』の全幕が観られるということもあって、楽しみにしているバレエファンも多いですね。

東京公演ではパリ・オペラ座バレエ団の最高位であるエトワールが6名参加します。

[topic color=”pink” title=”パリ・オペラ座バレエ団による東京公演”]

「ジゼル」全2幕
日程:2/27(木)〜 3/1(日)
会場:東京文化会館(上野)
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

「オネーギン」全3幕
日程:3/5(木)〜3/8(日)
会場:東京文化会館(上野)
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

[/topic]




パリ・オペラ座バレエ団が来日!コロナウイルスの影響は大丈夫?

世界に誇るパリ・オペラ座バレエ団の公演が観られるのはとても貴重な機会ではありますが、日本は連日コロナウイルスの話題が絶えない状況です。

海外からしてみれば、この2月に日本に行くことは控えたいと思う人が多いのではないかと思うのですが、バレエ団のダンサーたちは大丈夫なのでしょうか。

またすでにチケットを購入していて鑑賞する予定の人も、人混みの中東京文化会館まで行くのは心配ですね。

公演されるのは東京文化会館の大ホールで、2303人の収容人数となっています。

 

チケットぴあで確認してみると、2019年10月から一般販売が開始されていて、すでに2/27~3/1の『ジゼル』はすべて完売となっていました。

3/5~3/8の『オネーギン』は最終日の3月8日(日)が完売で、他の日についてはまだ席は空いているようです。

本当に公演されるのか公式サイトで確認してみたところ、[keikou]『ジゼル』『オネーギン』ともに予定通り開催する(2月18日発表)[/keikou]とされていました。

2020/02/18

パリ・オペラ座バレエ団2020年日本公演開催について
新型肺炎に関する報道を受け、2月27日(木)に初日をむかえるパリ・オペラ座バレエ団日本公演の開催について、現在、お客様よりお問い合わせをいただいておりますのでお知らせいたします。
2月18日現在、パリ・オペラ座バレエ団は予定通り準備を進めており、同公演は当初の日程で開催する方向でおります。

公益財団法人日本舞台芸術振興会

出典:https://www.nbs.or.jp/publish/news/2020/02/2020-4.html

【2月22日:追記】
2月22日時点でも公式サイトNBS日本舞台芸術振興会での発表は18日のものと変わらず、開催する方向のままとなっています。
初演の27日まであと1週間を切りましたが、このままやるのか急きょ変更になるのか引き続き気になるところですね。
最新情報についてもチェックしていこうと思います!

 

【2月24日:追記】
22日から23日にバレエ団一行がすでに来日していると発表がありました。
予定通りに公演が行われるようですね。

2020/02/24 NEW

(2/24更新)パリ・オペラ座バレエ団2020年日本公演開催について
2月27日に日本公演の初日を迎えるパリ・オペラ座バレエ団の一行は、2月22日、23日に全員来日いたしました。新型コロナウィルスに関する報道を受け、お客様からお問い合わせをいただいておりますが、2月24日現在、新型コロナウィルスの感染予防、拡散防止に細心の注意を払い、対策を講じたうえで、同バレエ団の日本公演は予定どおり開催する方向でおります。最新の状況および対策に関しましては、随時、当方のホームページや公式ツイッターで、お知らせいたしますので、ご確認いただければ幸いです。皆さまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

公益財団法人日本舞台芸術振興会

出典:https://www.nbs.or.jp/publish/news/2020/02/2020-4.html

 




2020年2月に来日するパリ・オペラ座バレエ団のダンサーと芸術監督

芸術監督は2017年に就任した女性監督オレリー・デュポン(Aurélie Dupont)です。

オレリー・デュポンは1973年1月生まれの女性で、10歳からパリ・オペラ座付属のバレエ学校に入学、1998年にエトワールとなりました。

2015年42歳で現役を引退し、その後に監督として活動されています。

パリ・オペラ座のバレエダンサーの階級は、

[aside type=”boader”]

  1. étoile(エトワール)
  2. premier danseur(プルミエ・ダンスール)
  3. sujet(スジェ)
  4. coryphée(コリフェ)
  5. quadrille(カドリーユ)

[/aside]
となっていて、最高位がエトワールです。日本のバレエ団などではプリンシパルと呼ばれてますね。

来日予定のパリ・オペラ座バレエ団エトワール

アマンディーヌ・アルビッソン(Amandine Albisson)

レオノール・ボラック(Léonore Baulac)

マチュー・ガニオ(Mathieu Ganio)

ドロテ・ジルベール(Dorothée Gilbert)

ジェルマン・ルーヴェ(Germain Louvet)

ユーゴ・マルシャン(Hugo Marchand)

来日予定のパリ・オペラ座バレエ団プルミエ・ダンスール

オドリック・ベザール(Audric Bezard)
ポール・マルク(Paul Marque)
オニール八菜(Hannah O’Neill)

来日予定のパリ・オペラ座バレエ団コリフェ

ナイス・デュボスク(Naïs Duboscq)

 

「ジゼル」全2幕の主な配役

2月27日(木)19:00
ジゼル:ドロテ・ジルベール
アルブレヒト:マチュー・ガニオ
ミルタ:オニール八菜

2月28日(金)19:00
ジゼル:レオノール・ボラック
アルブレヒト:ジェルマン・ルーヴェ
ミルタ:オニール八菜

2月29日(土)13:00
ジゼル:アマンディーヌ・アルビッソン
アルブレヒト:ユーゴ・マルシャン
ミルタ:オニール八菜

2月29日(土)18:00
ジゼル:ドロテ・ジルベール
アルブレヒト:マチュー・ガニオ
ミルタ:オニール八菜

3月1日(日)15:00
ジゼル:レオノール・ボラック
アルブレヒト:ジェルマン・ルーヴェ
ミルタ:オニール八菜

「オネーギン」全3幕の主な配役

3月5日(木)19:00
オネーギン:マチュー・ガニオ
タチヤーナ:アマンディーヌ・アルビッソン
オリガ:レオノール・ボラック
レンスキー:ジェルマン・ルーヴェ

3月6日(金)19:00
オネーギン:ユーゴ・マルシャン
タチヤーナ:ドロテ・ジルベール
オリガ:ナイス・デュボスク
レンスキー:ポール・マルク

3月7日(土)13:00
オネーギン:マチュー・ガニオ
タチヤーナ:アマンディーヌ・アルビッソン
オリガ:レオノール・ボラック
レンスキー:ジェルマン・ルーヴェ

3月7日(土)18:00
オネーギン:ユーゴ・マルシャン
タチヤーナ:ドロテ・ジルベール
オリガ:ナイス・デュボスク
レンスキー:ポール・マルク

3月8日(日)15:00
オネーギン:マチュー・ガニオ
タチヤーナ:アマンディーヌ・アルビッソン
オリガ:レオノール・ボラック
レンスキー:ジェルマン・ルーヴェ

※正式な出演者・演目は当日発表予定

 

パリ・オペラ座バレエ団が2020年2月に来日!コロナウイルスの影響は?のまとめ

公演まであと1週間の時点では予定通り行われるということなので、チケットを購入している方はできる限りの万全の対策をしてお出かけください。

薬局ではマスクはまだ品切れ状態、さらに除菌ウェットティッシュやエタノールなども相次いで空っぽの状態ですが…。

地味な対策でもこまめな手洗いは有効だそうですので、意識して回数を増やしたり、顔や目を触らないようにしたいところです。

何事もなく、そしてバレエ団ダンサーたちも無事に日本で過ごせることを祈っております!

[kanren url=”https://ballet-info.com/archives/989″]




よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる