バレエ情報を発信するポータルサイト「バレエインフォ」

海外のフリーWifiの危険性とは?安全対策方法とセキュリティ対策を紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

無料のフリーWifiの危険性を考えたことはありますか。海外旅行の際はもちろん、国内でもフリーwifiが使える環境が増えてきましたね。セキュリティ上起こりうる問題やセキュリティ対策を万全にWifiライフをお楽しみいただけるための情報をまとめました。

\30日間の返金保証あり!おすすめVPNサービス!/

無料で使えるフリーWifiにはどんなリスクがある?

フリーWi-Fiとは、無料で誰もが使えるWifiとして、公共の場で利用できる場所が広まっています。

国内でも海外でも、旅行客の利便性を高めるために始まったサービスとされていましたが、現在ではさらに利用者の枠が広がり、旅行客以外でもデータの節約目的の利用者が増え、フリーWifiを使ってカフェ等でパソコン作業をしたりスマホを利用をする人も多く存在しています。

ただ、フリーWfiの利用にはセキュリティの問題が残ります。

無料で使えるWi-Fiのアクセスポイントには多くの人が一度にアクセスし、 暗号化など何らかの形での対応がない限り第三者間でのデータ送信のセキュリティ問題が発生します。

無料Wifiからハッキングの可能性も!?

現代ではなくてはならないサービスにもなりつつあるフリーwifiのサービスですが、一度に不特定多数のユーザーがインターネットにアクセスするため、様々なセキュリティの問題が起こり得ます。

大切な個人情報やクレジットカード情報を盗まれれたり、メールアドレスや個別のアカウントへの不正アクセスやウイルス感染の被害を受ける可能性があります。

ハッキング目的などにより、フリーwifiを設置し利用者の情報を盗み取るとゆう手の犯罪も実際に存在しています。

まとめますと無料Wifiの主な危険性としては以下の問題が考えられます。

●不正アクセス

●ウイルス感染

●パスワード、メールアドレスなどの乗っ取り

国内・海外でフリーWifiが使える場所は?

国内ではもちろんのこと、海外の国々でも駅や町、図書館、ショッピングモール、ホテルや旅館などの宿泊施設などの公共の施設内での無料wifiの普及が進んでいます。

海外へ旅行客にとってはは特に、データ通信料を節約したり、インターネットを通じた連絡方法を探すことが重要になり無料wifiの重要性が高まりますね。

ただ、無料で使えるフリーWifiには不特定多数の多くの人が一度にアクセスしているため、ありがたいサービスではあるのですが、パスワードなどの貴重な情報が漏れてしまったり、盗み見されたりなどの危険性もあることを念頭に置いておかなければなりません。

故意的に公共のフリーWifiに見せかけたWifiのアクセス箇所を設定しておき、人々が騙されてそちらへアクセスさせるとゆう犯罪も多発しています。

フリーwifi利用時の注意点と安全対策をご紹介!

暗号化されていないWi-Fi通信だと、デバイスとアクセスポイントとの通信内容が筒抜けとなっているので、情報が漏れてしまいます。

出どころがわからないフリーwifiにはむやみに接続をしないよう注意することが大切です。

フリーWifiを利用する際は、ウェブサイトに鍵マークがあるかどうかを必ず確認する。(https://で始まるURLかどうかを確認。)

フリーWifiの利用の危険から救ってくれるサービスとして近年利用者が増えつつあるVPN接続のサービスを利用するのがセキュリティ対策としておすすめです。

VPNを簡単に説明すると、”Virtual Private Network”とゆう名前の通り、仮想的専用回線になります。

VPNを利用すると、無料Wi-Fiを利用時の通信内容を暗号化して送信することが可能になり、セキュリティ対策としてとても有効です。

無料Wi-Fiを利用する際に安全にインターネットを利用するためにはもってこいのサービスですね。

【関連記事】
簡単接続でおすすめのVPNサービス(iphoneアプリ利用可能!)と詳しい説明はこちら↓
【VPN接続】日本でも海外でも使えるおすすめiphoneアプリはNordVPN!

\30日間の返金保証で安心!/

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Ballet Info , 2020 All Rights Reserved.